家庭用脱毛器エピキュートランニングコストについての解説

家庭用脱毛器のエピキュートは高周波を利用した脱毛器である。高周波とは肌の表面には熱を感じさせることなく皮下組織に温熱効果を伝えることが出来るので火傷の危険はなく、肌が傷んだりしてヒリヒリすることもほとんどありません。光脱毛の場合は光を照射することで肌表面に作用するので肌の色によって効果が変わってしまったり、肌が荒れてしまったりすることがあります。ランニングコストに関しても家庭用脱毛器のエピキュートに関して言えば本体を数千円で購入すればあとは追加で付属品を購入する必要はないが、光脱毛器などは使用するたびにカートリッジが必要となるので、使用を続けるためにはカートリッジを購入することが必須となります。ランニングコストの面では家庭用脱毛器のエピキュートの方が優れていると言えます。この高周波による脱毛の特徴はムダ毛を一本一本ピンセットのような金属ピッカーという道具でつまんでその部分に20秒間の高周波を流します。そのことで毛根部分の細胞が破壊されて脱毛されます。この作業を繰り返しているとムダ毛の毛根部分が小さくなりやがてムダ毛が生えてくることがなくなります。男性に関しても使用できるのですが、抜けない毛を無理に引っ張ることで肌を傷めてしまうことがあるので、蒸しタオルなどで脱毛箇所を温めてからもう一度脱毛するということが大切です。この脱毛方法は狭くてデリケートな部分の脱毛に向いているので、顔やVゾーンなどの手入れをする場合に使用されることが多い。