家庭用脱毛器の痛みってどう?ケノンの場合

エステでの施術でも、家庭用脱毛器を使った場合でも、脱毛の悩みの1つにあげられるのは、処理の際に痛さが伴うことではないでしょうか?
エステや脱毛器の脱毛は、脱毛したい部分の毛根に光や熱を照射し、毛根を死滅させる事で毛を抜き次に毛を生えてこないようにしていきます。
毛抜き等で抜いた場合は引き抜く際に痛さを感じるのとはまた違い、脱毛器の場合照射の熱により毛根や皮膚が熱によって刺激されそれによって痛さを感じるのです。

家庭用脱毛器『ケノン』は、その照射の際の出力をエステに近づくくらい高めた事が売りの一つになっています。
それのおかげで太いムダ毛もしっかりと処理が可能です。
ですが、それだけ強い照射をするのなr痛いんじゃないの?と思われるかもしれません。
ですが、強くした分その出力レベルは10段階に切り替えが可能になりました。
それにより、毛の種類により、肌の種類によりそれぞれに合わせた脱毛が可能となりました。

とはいえ痛いからといって弱い出力だと、毛によっては綺麗に脱毛できなくなったりします。
そういった場合に、照射回数を分散させ連射する事によって痛みや肌の負担を弱める技術を開発しました。
照射回数を分ける事により痛さや肌への負担は軽減されながらも、連射によりその箇所への必要な照射はしっかり行われるので脱毛の威力には問題はありません。
その回数も3回・6回と選べるので、それぞれの感じる痛さや肌の状態によって脱毛の方法を選択可能になりました。

使う人によって使い方を選べる事もケノンの人気の理由の一つです。